EAJRS Conservation/Preservation Working Group
—— ACTIVITIES and PROJECTS ——

日本資料専門家欧州協会

在欧和古書保存
ワーキンググループ
活動と計画

Planning

Based on the survey results, each institution will create conservation policy, taking various factors into consideration, such as the collection contents, environment, staff, and usage. This should include both short term, or one-off, measures (e.g. repair/treatment, boxing, making a duplicate/digitising etc.) and long-term, or ongoing measures (e.g. environmental control, handling education for staff /readers etc.). To put the policy into practice, each institution will adopt and carry out the measures. The WG will assist and provide support to individual institutions where necessary and feasible.

保存計画の実施とコントロール

現状把握調査ののち、各館のコレクション内容、環境、スタッフ、利用等の様々な要素を考慮し、各館ごとに保存計画を立案する。一時的に対処すべきこと (補修 容器収納 複製等) と、持続して行うこと(保存環境づくり、資料取扱い教育等) の両方のプラン化を考慮する。 各館で保存計画に基づく取組みを実施する。各館から要請があれば、WGが支援協力する。

Conservation Knowledge, Experience and Guidelines
資料保存の知識・資料保存の経験・ガイドライン

Guidelines on how to treat the materials
和古書利用のガイドライン
Protecting archives and manuscripts against disasters
National Archives (UK)
資料保存の考え方と取り組み方
by 安江明夫
Brittle Journals - Q&A
by 安江明夫・Izumi Tytler
マイクロフィルムのビネガー・シンドローム問題
by 安江明夫
Disaster response and salvage
The British Library (Collection Care) training day
表紙は外れたままでよい— 貴重書の修復と資料保存
by 木部徹 (1990)
原本保存のための料紙調査とそれに基づく修理手法
by 高島晶彦 & 渋谷綾子

 

Preservation Assessment Tools

Guide
保存自己査定
ガイド
保存点検表(個別コレクション用)
保存点検表(個別資料用)
Preservation Checklist for Individual Collections
Preservation Checklist for Individual Items

 

Conservation Assessment Project

This project was funded through the generous support of the Toshiba International Foundation for the years 2015-2016.

Based on the analysis of the questionnaires received from EAJRS members, the WG selected libraries to conduct an assessment survey. Survey visits were then arranged by liaising with these libraries and professor Yasue, our conservation specialist/adviser.

Details about the survey visits and a final report can be found below.

 

在欧和古書の保存に関する現状把握

EAJRS和古書保存WGは2015-2016年に、東芝国際交流事業団の助成を受け、EAJRS在欧和古書保存調査を実施した。これは

  1. 欧州 各所図書館等に散在する貴重な和古書の保存のため、資料保存専門家が現地を訪問し、コレクションの保存状況等の現状を把握する
  2. そのうえで調査報告書 を各訪問図書館に提出し、以後の貴重書保存対策の改善に役立たせてもらう、ことを趣旨とする計画であった。

訪問調査を担当したのはEAJRS和古書保存WGアドバイザーの安江明夫(資料保存専門家)である。詳細は以下の調査訪問報告と総括的報告をご覧ください。

 

Reports

First visit
Second visit
Third visit
Fourth visit
第一年度(2015-16)調査報告まとめ
EAJRS - 2016 -