Murao Yuko
The National Diet Library. Humanities Division. Reference Librarian

  

How to search for information on the humanities in Japan

This presentation will introduce a variety of tools for utilizing information resources on the Internet as well as some important techniques for conducting research on the humanities in Japan by presenting examples of our reference services offered by the reference librarians who specialize in the humanities at the National Diet Library (NDL).

Although the number of inquiries that cannot be answered using only printed reference books continues to increase, so too does the volume of useful digital information resources available, which makes it crucial to put both to the best use possible. In response to the changing characteristics of both reference services and the information environment, the NDL continues to create tools such as Humanities Links and Search Guides. Tools created by institutions other than the NDL are also important, and this paper presents the salient characteristics of major databases in Japan.

Additionally, this presentation will provide the audience with some points to bear in mind when providing reference services in the humanities, including some prerequisite knowledge for responding to reference queries, selecting tools, or handling Japanese-language materials in the humanities as well as an overview of the major characteristics of the institutions that archive such materials.

I hope that the presentation of real-life examples to illustrate this prerequisite knowledge will help listeners to enhance their understanding of how to choose and utilize tools effectively when responding to reference queries.

日本関係情報(人文科学分野)の調べ方

国立国会図書館の人文科学分野のレファレンスライブラリアンが対応しているレファレンス事例を通じて、インターネット上の情報資源を中心としたツールの有効な使い方や、人文科学分野の日本関係情報を調査する際にポイントとなる考え方を紹介する。

従来のレファレンスブックだけでは回答が難しい問合せが増えている一方、有用なデジタル情報資源も増えており、紙媒体とデジタル両方の活用が欠かせないものとなっている。レファレンスの特性と情報環境の変化に対応するために国立国会図書館が提供している人文リンク集や調べ方案内など、サービスの前提となるツールについて説明する。当館作成コンテンツ以外のツールの活用も必須であることから、日本における主要なデータベース類の特徴などについても整理する。

レファレンス回答やツールの選択に必要な、日本語資料を扱う上での前提知識や、資料所蔵機関の特性など、人文科学分野のレファレンスにおいて留意すべきポイントについてもあわせて概観する。実際の事例に即して前提知識を紹介することで、レファレンスプロセスで展開されるツールの選択や使い方に関するノウハウの共有に繋がればと考えている。