Miyazawa Akira
National Institute of Informatics. Professor emeritus

Research resources and standardization : in the digital age

In this digital age, almost all the research resources are digitized. Research papers are on electronic journals; books are digitized; paintings are digitized; in the science field, science data are digitized and they all are processed by computers. But, digital data itself is just a chunk of bit strings. How to interpret the bit string depends on the processing programs. And, for a program to communicate and inter-operate with others, there need a huge number of rules applied to the data. These rules are standards. 

The presentation introduces the standardization world. Types of standards are categorized; some notable standardization bodies are nominated. Then for the International Organization for Standardization (ISO), which is the most significant international standardization body, its organization and the procedure of standardization are depicted. There are some issues in the current standardization system. It usually takes three years for one standard to be published. In some cases, it is difficult to collect proper stake holders. In addition, increase of number and pages of standards makes standard usage cost higher. Sometimes, users neglect standards, because of the cost.

Finally, the presentation discusses the issues on resource digitization and standards. Standards may change with time. It means a digital resource once made can become obsolete in future. This issue is known as "digital preservation" issue. Some other issues in this field are also discussed.

デジタル時代の研究資料と標準化

デジタル時代にあっては,研究のための資料のほとんどがデジタル化されている。研究論文は電子ジャーナルに,単行書も電子書籍に,絵画もデジタルイメージとなり,化学分野では実験データもデジタル化され,これらすべてはコンピュータで処理される。しかし,デジタルデータ自体はビット列のかたまりに過ぎない。ビット列をどのように解釈するかは処理プログラム次第であるが,そのプログラムが他のプログラムと通信し,話が通じるようにするには膨大な量の規則に従うことが必要である。これらの規則が標準である。

本発表では,標準化の世界について紹介する。どのようなタイプの標準があるかを分類し,また代表的な標準化機関を挙げる。また,最も重要な国際的標準化の機関であるISOについて,その組織と標準化手続きを述べる。現在の標準化体制には問題点もある。通常一つの標準は出版までに3年を要する。また,適切なステークホルダーを集めることが難しい場合もある。さらに,標準の数とページ数の増大が,標準を使用する際のコストを増加させているという問題がある。そのため,ユーザが標準を無視することもある。

最後に,資料デジタル化と標準をめぐる問題点について述べる。標準は時につれて変化しうる。したがってある時点で作られたデジタル資料が後に標準と合わなくなるということがおこる。これはdigital preservation問題として知られている。このほかのいくつかの問題点ついても触れる。