Miyata Nana
Austrian Academy of Sciences. Institute for Modern and Contemporary History. Guest researcher

The documents of the Austrian photographer Michael Moser (1853-1912) and his stay in early days of Meiji-Japan for 7 years

The Austrian-Hungarian expedition to East Asia dispatched from Trieste in 1868, and concluded treaties with Siam (Thailand), China and Japan in 1869 respectively. As its official photographer, Wilhelm Burger (1844-1920) took part in this expedition in company with Michael Moser (1853-1912) as his assistant. Moser was still 16 years old, when he arrived in Japan. Nevertheless, he decided to stay further in Japan, even after the others including Burger went back to Austria, and stayed in Japan for 7 years all in all.  As a photographer, Moser worked for the fortnight photographic magazine The Far East, edited and published in Yokohama by the Scot, John Reddie Black (1826-1880), and participated the Japanese commission for the World Exhibitions in Vienna in 1873 and in Philadelphia in 1876 as an interpreter. Besides a number of photographs, which show the landscapes and people of the visited countries, in particular Japan, he left diaries (itineraries), letters and essays which tell us his world trips in details and the then political and social conditions of the early days of Meiji-Japan. This paper introduces the outlines of his diaries, letters and essays, which will be published in German as well as Japanese languages


オーストリア=ハンガリー帝国東アジア遠征隊は、1868年にトリエステを出発し、シャム(タイ)、清国(中国)及び日本と1869年にそれぞれに修好通商条約を締結した。遠征隊には、写真家としてヴィルヘルム・ブルガー(1844-1920)が参加しており、その助手として、ミヒャエル・モーザー(1853-1912)が同行していた。来日当時、ミヒャエルはまだ16歳の若者であったが、ブルガーを含む遠征隊員が帰国した後も、日本にとどまることを決意し、計7年間日本に滞在した。ミヒャエルは、スコットランド人のジョン・レディー・ブラック(1826-1880)が刊行していた写真入りの新聞『ザ・ファー・イースト』の写真家として働き、その後、1873年にウィーンで開催された万国博覧会、1876年にフィラデルフィアで開催された万国博覧会に日本委員の通訳として参加した。東アジア遠征隊員として、また万国博覧会の日本委員の一員として訪問した国々の景色や人々を写した夥しい数の写真が残されているほか、日記、手紙、報告書が残されており、これらには、それぞれの旅の記録の詳細や、明治初期日本の政治的・社会的状況が綴られている。この史料群は、 ドイツ語と日本語で史料集として出版される予定であるが、本発表では、それぞれの史料の特徴を報告したい。